そのままのあなたでいいんだよ

そう言われると包まれている感、安心感を覚えます。

 

私もどちらかというと塾ではそういった方向の空気感を出していると思いますが、心の中では、そのままでいいわけないよね、と思っています。でもレベルが高くない人に全然だめだねと言ってしまうと逆効果になることがあるので、中学生は総じてレベルが高くないので、「いいよいいよ、一緒に頑張ろうね」という方向で声をかけます。

全然だめだね、思考できてないね、レベル低いね、そんな風に否定した声掛けするのは、自分自身を否定することができていて、もっと自分をよくしたいと思っている強い子だけです。そんな子はほとんどいませんが、そういう子には私は思っていることを素直に伝えます。

 

 

「これまで勉強を全くしなかったけど、今日、漢字を1ページ書いた。自分はえらい!」

確かにえらいと思います。何事もベイビーステップで始めるべきだし、変化を起こそうと思って、変化を起こしたことはとても尊いことです。でもそれで満足して止まったらだめです。もう一回自分を否定して階段をのぼる。のぼったらまた自分を否定してのぼる。これを繰り返していってほしいのです。

何にしてもそのままでいいことはないと思っています。この塾の子でも「トヨタに就職したい。安定してるから」と言ってた子がいましたが、そのあこがれるトヨタだって途中で、車を作るぞと業態を変更したから今があるのです。

昔は卵屋さんがありました。かつお節屋さんもありました。今はありません。変わっていくのです。だからそのままの自分であり続けていいなんて、私は、到底思うことはできないのです。