kousiki

最近塾に入ってくれた子は、すでにいる子と比べて学習が遅れてしまっています。

この遅れを取り戻そうと思うと、どうしても大きな負荷をかけざるをえません。

 

先週、「これはさすがに大変かな」と思える量の課題を思い切ってある新入生に出してみたのです。私としては全部できなくてもいいかなとは思っていました。でもそれを全部やってきたのです。おお、これはなかなかいい根性をしてるぞ、そう思いました。

いい根性している子に出会うととてもうれしくなります。昨日はそのうれしさのあまり、他の子の2倍の量の課題を課しました。でもまあやってきます。やってくる顔していましたから。

 

こういういい根性をしてる子は100%成績は上がります。これは絶対なのです。どれだけ順位を上げてくれるかしら。今から楽しみです。

 

 

またうれしいのが、塾のやり方に慣れている先輩生徒が「これはこうやってやるんだよ」「これはね、やらなくていいよ」などと教えてくれることです。

私が出した課題を「やらなくていい」なんてどういうことだと思ったりしますが 笑  でもその通り。確かにやらなくていいですよね。

 

なにごとも初めてというのは要領がつかめなくてどうしていいかわからないものです。こうやって新しく入った子をサポートしてくれるのは、新しく入った子もそして私自身も本当に助かっています。ありがとう。