kousiki

金曜日に親知らずを抜いてきました。

私は永久歯を抜歯した経験がなく、超絶ビビっていました。だって、元気に根をはっている歯を抜くわけですから、外部からのかなり大きな力が必要に決まっています。

 

結果としては、たいしたことなかったです。先生の腕がよかったのでしょう、さあ、そろそろだぞ、と思っていたら「はい、終わりましたー」となりました。

 
翌日の土曜日に、経過を診てもらったのですが、

「おお、もう傷口がふさがりかけている!」

と先生が驚いてくださいました。

 
私は「自然治癒力が高い自分」というセルフイメージをもっているので、この言葉はめちゃくちゃうれしかったです 笑。

また、「平熱が高い燃える自分」というセルフイメージももっているので、マッサージなどで身体に触れられているときに、「お客さん、身体すごく熱いですね~」といわれると、これまたうれしい 笑。まだ私には背中がゾクっとする喜びを感じさせてくれる褒め言葉はありますが、だんだん変な方向へ行きそうなのでやめておきます。

 
何の話かよくわからないですが、私が言いたいのは、人はそれぞれ密かに誇っていることってあると思うのですよ。頭がいいとか、運動神経がいいとか、そういったわかりやすいところではなく、一見してもわからないが「実は、ちょっとここ自慢なんです」っていうところがあるはずです。

これに気づくのは深いコミュニケーションが不可欠ですが、生徒の「実は・・・」の部分を気づいて認めてあげたいなと思っています。