kousiki

生徒に

「先生のブログ見つけたよ」

と言われました。「これ、私のこと書いてるのかなーと思えるものがあった」とも。

 

情報を発信する人は誰でも、何を、どこまで、どんなふうに伝えるのかで頭を悩まします。当たり障りない文では読み手は面白くないし、かといって行き過ぎるのもそれはそれで別の問題が発生したりする。

 

私は結構、当たっても仕方ないと考えて内角ギリギリを狙って投げるタイプですが、アクセスが増えてきたことですし、そろそろブログでも大人な文章を書くようにしようかなあと考えているところでした。

 

結構な人がみるようになったから、もうそろそろ大人っぽい文を書くようにするよ、と伝えたら、

「それはだめだよ。優等生な文を書いたって、つまんない。だれも見なくなるよ」ですって。

 

勉強に天才的才能を発揮しているのかどうかは知らないけど(笑)、ときどき、こっちがびっくりするような鋭いことを言うんだよなあ。