友だち追加

こちらから塾の公式ラインに登録していただけます(2019年10月に新しいアカウントに移行しました)。

塾での様子が気になる場合は、こちらからお気軽にお尋ねください。

欠席の連絡もこちらから可能です。

体験授業の希望される方もこちらから連絡していただけます。


 

From:眞田

 

優しさはすごい力を持っています。

みんな、優しさに心地よさを覚え、優しさを求めています。

 

優しさへの欲求はとても強いですから、優しい人が優しく言えば、仮にその教えが間違っていても信じてしまうかもしれません。

教えが間違っていることに気づいたとしても、それでもいいんだ、と思わせるくらい、優しさの力は強烈です。

 

大人は子供より人生経験がありますから、正しい、間違っている、の判断ができてしまうことがあり(その判断が正しいかどうかは別の話)、その正論を子供に押し付けたくなってしまいます。

でも、正しさへの欲求より、優しさへの欲求が強いことが多いので、優しさがなく、ただ正論を繰り返し伝えても、子供は受け入れずに離れてしまうことが考えられます。

そんなときに、子供の目の前に優しさを振りまく人が現れれば(笑顔、優しい言葉、責めない、現状を肯定してあげる、など)、子供の心は親の元に戻ってこないかもしれません。

単なる見かけの優しさは、私は、優しさではないと思いますが、そんなことを説明したところで子供の耳には届きません。

 

大人は、正しく、優しく、ある必要があります。この二つを同時に満たしていないと、うまく導いてあげることができません。

 

今回は自分に言い聞かせるつもりでブログを書いてみました。最近、子供への優しさが足りていないなあと反省したのです。