友だち追加

こちらから塾の公式ラインに登録していただけます。

塾での様子が気になる場合は、こちらからお気軽にお尋ねください(ただし返信は短めになります)。

しっかりした相談は面談をご利用ください。

欠席の連絡もこちらから可能です。

体験授業の希望される方もこちらから連絡していただけます。


 

勉強をしていて難しい問題(自分には解けそうにない問題)に出会ったとき、先生は解説を読み込んでいました。それでも解けない場合は放置します。短い時で30分、長い時で2日くらいです。時間を空ければまた解けるかもしれないと考えたからです。

 

難しい問題を解けるようになるには何が必要なのでしょうか。

 

先生は解説をみて理解することが一番重要だと思います。解き方や考え方が書いてあり、すごく為になりました。

 

ですが、その解説も、ある程度の知識がないと読み取れないときがあります。その知識を得るために、教科書が必要になってくる(基本に立ち返る)と思います。詳しい情報が載っているので、足りない知識を補うにはいいですね。

 

ここで気をつけることは、教科書をあまり読み込みすぎないことです。もちろん重要なことが書いてあるので読むことは大切ですが、受験に必要ない情報にまで時間をかけてしまい、本来の勉強時間が削られては困ります。

 

何事も適度が良いですね。