kousiki

学校への要望、アンケートの結果とそれに対する学校側の回答が書かれた書類を子供が持ってきました。

それをみていて、これは学校の先生も大変だなあ、と同情せざるを得ませんでした。

 

ああしろ、こうしろ、これができていない、あのときこうすべきだったのでは?といった要望苦情改善案がたくさん保護者からのアンケートから上がってきていました。中には、確かにそれはそういう方向に変更するといいかもね、と思えるものもありましたが、全部をアンケート通りにするのも・・・大変そう。

まず、何か思うことがあったら、そんなアンケートに書かずに、すぐに電話して先生と意思疎通をして確認すればいいのに、と思います。私なら電話します。幸運なことに子供の担任の先生は素晴らしい先生なので、苦情を言ったことは一回もありませんが、連絡帳などをみて、ん?と思えば電話して確認します。それが一番いいでしょう。

 

あと、なんでもかんでも学校にその責任を押し付けるのもかわいそうかな、と。親ができることは親がやればいい。あいさつが出来ていないってありましたが、私もそれは気になっていたところですから、これから私もあいさつをしてもらえるように元気にハイテンションであいさつしてやろうと思います。

 

学校の先生が全て正しいとは言いません。ただ、悪くしようとしている先生なんていませんから、保護者と先生とでいい方向にまわっていったらいいなあと思います。