この塾の、ある中学のある学年は男の子女の子合わせて5名です。

みんな本当によく頑張ってくれていて、今、2回連続で5人の5科目平均点が440点を超えています。本当にすごいなあと思います。でも私は欲張りなので、これが450点、460点になるようにお願いしているところです。

 

こうなるとレベルが高すぎて同じ中学の子が来たら居心地の悪さを感じるかもしれません。でも、上のレベルにいくためには居心地の悪い環境に入るのが一番です。

居心地がいいということは、それは自分と同レベルの環境を意味します。同じレベルだから居心地がいい。だから似た者同士が集まるのです。自分のレベルの上の領域も下の領域も居心地悪く感じるものです。

 

私もドレスコードがあるお店やミシュランに掲載されているようなお店に連れて行ってもらう場合は、場違いな感じがして居心地の悪さを感じます。でも「この居心地が悪い感じがいい心地」と思っていきます。とはいっても私はふてぶてしく厚顔無恥なので、好奇心のままに動いて楽しんでいるのですが。

 

「自分ではついていけそうにないから東にいく」とよく聞きますが、私は、だから時習館にいったらいいのにって思っています。自分には合わないなあと思う場所に入っていくのです。