1学期が終わり、最初の内申点がでて、保護者会があって、ようやく危機感を持ち始める3年生(保護者)は多いです。

 

そして塾探しを始めたりするのですが、ここから上げていくのは容易ではないということは認識しておくのがいいと思います。私は簡単ではないことが分かっているので、あまり期待は持たせないようにお話しさせていただきます。

 

個人差がとても大きいので一概には言えませんが、基本的に順位の低い子ほど厳しさは増します。300点の子より200点の子の方が上がるのは難しいですし、200点より100点の子の方が上がるのが難しい。これは当たり前のことなのですが。

 

受験まで残された時間もありません。順位が低い原因の把握に時間がかかるときもありますし、原因がわかっても、それを修正してもらうのに時間がかかったりするものです。トライ&エラーを重ねたくても時間が許してくれません。

3年生の今、勉強が苦手ならば、それは1年生、2年生と長い時間をかけてできなくなっているということです。昨日今日できなくなったわけではありません。ということは改善にも時間がかかるということです。数か月勉強したぐらいでは上がっていきません。

 

それでも努力しなきゃいけないのはいけないのですから、本当に大変なんだという事実を十分に認識してスラムダンクの安西先生のいうところの「断固たる決意」が必要なんだと思います。

意見・感想・報告などはこちらから

リーディングエッジのホームページはこちら

リーディングエッジの資料をお求めの方はこちら