今日は東京ビッグサイトにいってきました。今、教育ITソリューションなるものをやっています。

教育に携わる日本の会社が、これからをどう見て、どんな商品を提供しているのかを知りたくて日帰りでいってきたのでした。私は、自分のやりたいことをやる、がモットーですが、「流れ」は知っておきたいのです。

 

いろいろ回っていて興味深いブースがあったので立ち止まって見ていると、コンニチワー、と営業マンが話しかけてきました。なんと中国人。ビューさんといいます。ビューさんが一生懸命説明してくれて「保護者様との関係をですね」なんていわれるとおかしくて笑ってしまいます。あなた絶対に保護者様との関係の重要性を理解してないでしょ!って思います。グローバル化の波は確実に訪れています。

 

ビューさんは日本語がおかしいし、単語のチョイスも変なので、話していて本当に面白かったです。

 

「ねえ、ビューさん。あなた営業じゃなくて、エンジニアでしょ?」

「そうです。ナンデワカッタ?」

「だって、ビューさんの日本語ヘンでわかりにくいもん。全然営業向きじゃないよ!」

といって二人で大笑いしていました。ビューさんはそこの会社のシステムを開発しているそうです。年に一度の見本市だからエンジニアのビューさんも駆り出されたのですね。

私がビューさんだったら、どうしよう日本語わからないし。イジイジ。なんてしていると思うのですが、ビューさんは日本語が苦手なことを全然気にしないでどんどん積極的に営業していて、この精神が大事なんだと思いました。この姿勢がかっこいい。

 

と、今日はおもしろいビューさんの話でした。