kousiki

ただいま。

東京から戻ってきました。

 

昨日は合格発表でしたが、田原にいませんでしたので、友人に張り出された番号を写真で送ってもらうことにしました。

結果、3年生全員が第一志望の高校に合格していることがわかりました。

 

今回は半分以上が入塾時に希望していた高校のワンランク上のところを狙うことになりました。内申点が足りなくて、学校の先生にも何度も別の高校を勧められたにもかかわらず、私がいける!と背中を押したところもあったので、今回ばかりはいつもよりもドキドキが大きかったです。

結局順位が上がっても、最後の入試でうまくいかなければ意味がありませんから。

 

今になってようやく言えます。

だから大丈夫っていったでしょ、って。

 

レベルの高い高校に入ることが必ずしもいいとはいえないですが、本来ならA高校に進むはずだったところを、自分の努力でB高校に進む道を切り拓いたという事実はこれからの自分を支えてくれると思います。

実は今の私のよりどころになっていることも、大学受験1週間前まで2つのバイトを掛け持ちしつつ、第一志望の大学に合格した、という事実です。

これができた自分は他の試練だって乗り越えられる、そう思っているのです。

 

 

定期テストで順位を上げ、内申点が上がらなくてはこの結果はありませんでした。

受験勉強を頑張って、当日いい点を取ることができなければ、この結果はありませんでした。

 

全てがぎりぎりでした。これまでやってきた努力が一つでも欠けたら、この結果はなかったです。まさに自分自身の力で人生を変えたのです。本当に素晴らしい。

 

三年生のみなさん、頑張ってくれて本当にありがとうございました。おせわになりました。

 

みんなのことは、何とか頑張ってあと3カ月は覚えておくようにします。

 

それでは、ばいばい。