今回のテストはいいですね。みなさん、本当に本当にありがとうございます。

2学期中間テストは開校以来の一番の感触でしたが、期末テストも前回の中間テストの順位と比べても上がる子が多い。数字はこれから出さなきゃいけませんが、2学期中間テスト比でどれだけのUP率がでるのか楽しみです。

 

塾をはじめたときは、順位が上がればわーい!と喜んでいましたが、1年たったらもうそれではだめです。勝ったら勝ち続けなければなりません。上がったのに下がってもとの順位になってしまったら意味がないわけです。前回上がった子は今回も上がるかキープすることが大事。今回上がった子は次上げるかキープすることが大事。

 

点数がよかった、順位がよかったという報告はもちろんうれしいもので、一緒にその気持ちは共有したいと思っていますが、心の中ではぬかよろこびはしておらず、「次が大事だな」という気持ちでいます。

 

今、ふと、尾崎豊の「僕が僕であるために」が頭の中に流れてきました。(今の子は知らないですね)

「僕が僕であるために、勝ち続けなきゃならない」

ただそれだけです(笑)。

 

尾崎さんは熱狂的ファンがたくさんいた歌手です(今もいるのでしょうか)。なんでそんなに人気があるのだろうと中学の頃アルバムを買って何度も聞きましたが、私にはさっぱりピンときませんでした。校舎の窓を壊したいと思ったことは無いし、盗んだバイクで走りだしたいと思ったことはないし、歌詞がまったく共感できないのです。「何をそんなに大人にたてついているんだろう?そんなに大人は子どもを抑圧しているだろうか??」「僕が僕であるために勝ち続けなきゃならないって、そんなピリピリしなさんな」なんて思っていました。

今聞いたら共感できるところもあるのでしょうか。久しぶりに聞いてみたいと思います。

 

話は完全にそれてしまいました。尾崎さんのことじゃなく、他にいいたいことがあったのに・・・でももうおしまいにします。ありがとうございました。

 

 

リーディングエッジのホームページはこちら

リーディングエッジの資料をお求めの方はこちら