「今日、なんか頑張った気がします(自己満w)」

 

とコメントを書いてくれた生徒がいました。

このコメントからは、言葉通りの満足感以外にも、「もう少し頑張れたかな」「自己防衛」そんな気持ちが読み取れます。

 

私はこれを見て、自己満足いいじゃん、と思いました。それでいいんです。毎日毎日自己満足を追求していってほしいです。

 

よく、「将来のために、今苦しみに耐えて、頑張れ」という思想があります。目指すもののために努力するのは当たり前中の当り前なのですが、「素敵な将来のために今苦しむ」という感覚は違うと考えています。ただでさえ今の世の中ストレスが多いのだから。さらにストレスを与えてどうするの。「苦しみ耐えて努力する」というよりは「満足をめざす」感覚の方がいいです。私はそれをお勧めします。フレームシフトしないとこれまでの自分から抜け出せないです。

 

 

大人は「将来のために、がんばれ」という言い方をしたりします。しかし、将来にリターンを置く言い方は、あまり子供には響かないと思います。そういう言い方をされても、子供にとっては検証できないし、反論しようがないので黙っているのですが、黙っているからと言ってそれは大人の主張を納得して受け入れたわけではありません。

もちろん、将来のために今やっておいた方がいいことはあると思います。それを伝えようとするならば、まず、(1)大人の高い確信が必要であり、(2)その確信を論理立てて説明して、対話すること(3)ともに行動する事、が必要なんじゃないかと私は考えています。