私の子供は小学3年生、4年生になって、私の言うこともわかる歳になってきたので、だめなところは指摘するのですが、どうしてもお姉ちゃんのだめなところが目について、あれだめ、これだめ、それだめ、と口うるさくいってしまいます。

将来、価値ある人材となって仕事で重宝されるだろうか、結婚するとしても三高のハイスペックメンズ(古い?)と結婚してもらえるだろうか、などなど思うとつい言ってしまうのです。

いろいろうまくいかなくても、私が頑張って子供の生涯に必要な生活費を遺してあげればいいか、と考えているので、「〇〇になってほしい」「〇〇大学に入ってほしい」とかそういった子への執着はそんなには強くはないと思うのですが、それでも完全に0とは言えないようです。

 

私が口うるさいから、お姉ちゃんは常に私の目の色を伺うようになりました。上目遣いで私を見てきます。特に私が黙っているときは、何か言われるんじゃないかと思って必ず私の目を見て心を探ろうとしてきます。

お姉ちゃんを見ていると、「まるで昔の僕を見ているようだ。自分に子供ができたら、大人の顔色を気にしない無邪気な子に育てたいと思っていたのに・・・」と思います。

 

だめな部分を放置することはよくないので、少しずつ矯正させなければいかないのですが、なにぶん私の導き方が下手くそなのです。指導のレベルが低いです。反省して変えていかなくてはなりません。