1、2年生は定期テストが近づいてきて、3年生は入試で、みんなが勉強に向かっていく時期になりました。

少しでも学力をあげたいと思う子は、自分をよくみて、自分のわかっていないところを見つけて、質問をしてほしいです。

 

もちろん、私たちは教えることだけでなく、わかっていないところに気づいてあげることも大事な仕事だと思っていますが、全てに気づいてあげることはできません。

自分からわからないところをどんどん質問する子と指摘されるのを待っている子では絶対に差がつきます。

自分から声をかけづらい子もいると思うので「何かわからないところありますか?」と尋ねるようにします。その時に質問できるように質問事項を用意しておいてください。

この問題解けないぞ→何がわかっていないのか、どこがわかれば問題解けるのか→ここを先生に聞いてみよう

これを考えるだけでも頭をよくする重要なトレーニングになります。

 

いつも繰り返していることですが、ただ覚えるだけではだめ。これは、もしかしたら目先の定期テストの点は取れるのかもしれませんが、何の勉強にもなりません。頭に負荷を与えるのが正しい勉強。易きにながれたら受験の時に本当に苦労します。